ツーリングセットゲージ.JPG

仕様

本体寸法 最大測定径
177x75x61(o) WxDxH Φ170

 

 

使用方法

使用方法1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

@マスター(φ25)でダイヤルゲージを0セットします。 

 

 

 

 

 

使用方法2.JPG

 

 

 

A機械とマスターの芯を合わせ、XY座標と0セットします。 

 

 

使用方法3.JPG

 

 

 

 

 

 

 

B0セットした位置でツーリングバイトの回転をニュートラルにしてチップの先端とゲージの端子を接触させてチップの出しろを調整します。

 

 

 

 

使用方法4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

C加工する時はプリセットは目安なので、ねらいの仕上径より少しマイナスさせて試加工し、径を測定後ボーリングバイトの出しろを調整して仕上ます。

 

 

芯出ししたゲージの中心を設備に記憶させることで、芯出しの手間が省けます。

φ25を基準に台座に付いたマイクロの目盛りを使って最大φ170までの加工径に対応します。

                     

これにより、大幅なサイクルタイムの短縮が図れました。

 

社外販売も致します。必要に応じて違う径のマスターの製作もできます。

使用方法・価格等、ご不明な点はお気軽に弊社までお問い合わせください